リフォーム番組を見ていて思う事

わたしがリフォーム番組を見ていて思うことというと

わたしがリフォーム番組を見ていて思うことというと、自由な発想というのはすごいなということです。
どうにも暮らしづらそうな古い家、構造に問題がある家などリフォームを希望する家の状態を見ると毎回大変だと思うし、よくこんなところで今まで住めていたものだと驚くほどです。

そんな状態の家を、暮らしやすい家にするために、リフォームをデザインする建築士の方たちが施すさまざまな技術やアイディアで驚くほど劇的に変化していく様子は毎回見ていても圧倒されます。
とくに、そこに暮らすことになる人の家族構成や趣味、健康状態などに合わせて柔軟に使いやすい間取りや設備を作っていくところには感動すら覚えるほどです。
住む人に優しい家というのは、そこに暮らす人に合わせて柔軟にデザインや配置を換えていくことなのだと改めて思います。
リフォーム番組に登場する家は、だいたいもともと酷いものが多いようですが、それにしてもリフォーム後のとても暮らしやすそうな家を見るたびに、あまりの変わりようにびっくりしてしまいますね。

私も家族もリフォーム番組を見るのが好きなので

私も家族もリフォーム番組を見るのが好きなので、毎回欠かさず見ているリフォーム番組があります。その番組は毎回すごい家が登場して、それを劇的にリフォームの匠といわれる建築士の方たちが担当してリフォームを行うというスタイルで作られています。
そのリフォーム番組を見ていて思うのは、上手にエコを考えたつくりのものが増えてきたということです。
自然の緑を生かして環境に良いものや住む人がリラックスできるようにしたり、リフォーム以前に使っていた廃材も違う用途で再利用したり、とエコやコストだけでなく、そこに暮らす人の気持ちにも配慮されている心配りがうれしいだろうなと思います。
構造に問題があれば構造から、暮らす方が高齢ならばバリアフリーに、趣味や習い事を生かしたスペースを作る、などリフォームを依頼した家族の気持ちを考えてまさにオーダーメイドのリフォームができるって素敵なことだなと思います。
私の実家も古くなってきたし、親も年をとってきたので、リフォームをするならお願いしたいなと毎回思います。

Copyright (C)2014リフォーム番組を見ていて思う事.All rights reserved.